イムズを含む天神一丁目地区の地区計画原案が発表 - 福岡経済トピックス

福岡の貸事務所・オフィスの賃貸ならオフィスネットワーク

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合せ 092-452-5111



HOME > 貸事務所検索 トップ > 福岡経済トピックス > イムズを含む天神一丁目地区の地区計画原案が発表

福岡経済トピックス一覧へ

イムズを含む天神一丁目地区の地区計画原案が発表

2020年11月30日 (2020年12月3日更新)



福岡市中央区天神の「イムズ」、「天神ツインビル」、「西日本渡辺ビル」を含む天神1丁目地区の地区計画の概要原案が判明。 地区は九州一の繁華街「天神」の中心に位置し、渡辺通り・国体道路に面する一等地。


■「イムズ」は建替を予定している
関連記事:イムズ 閉館し建替えへ【天神ビッグバン関連】(2019/3/29)



2021年8月に閉館予定の「イムズ」

※福岡市中央区天神「イムズ」(2020/12撮影)


「天神一丁目地区地区計画」は地区計画区域(約2.3ha)、地区整備計画区域(約1.3ha)があり、「西日本渡辺ビル」は地区整備計画区域には含まれない。 現在の最大容積率800%から、取り組み内容や天神ビッグバンボーナスの認定で最大1,400%まで加算される。

敷地外周のセットバック、地上地下の立体広場、市役所から渡辺通りへ繋がる「イムズ」・「天神ツインビル」の間にゆとりある広場空間等の整備が計画されており、 天神地下街と合わせ、回遊性を高める。


福岡市中央区天神「天神ツインビル」

※福岡市中央区天神「天神ツインビル」(2020/12撮影)


大丸福岡天神店が入居する「西日本渡辺ビル」

※福岡市中央区天神「西日本渡辺ビル」(2020/12撮影)


イムズの建て替えは22年度の着工、24年の完成を予定しているが、 イムズは2021年8月に閉館し、2024年末までに完成を目指す建替計画が発表されているが、「天神ツインビル」、「西日本渡辺ビル」については、現時点で再開発計画は発表されていない。


■主な取り組み(必ず実施するとしている項目を抜粋)

広場空間・歩行者空間天神地下街、渡辺通り、ふれあい広場をつなぐ地上地下広場の設置
東西・南北の歩行者ネットワークを拡充する地下通路の設置
地上地下の立体広場の設置
まちなみの創出壁面後退による歩行者環境の形成

※赤枠「天神一丁目地区地区計画 位置図」



前の記事

記事一覧

次の記事


非公開物件情報

福岡経済トピックス

福岡ビジネスエリア情報

営業スタッフのご紹介
検討中リスト

0

物件は登録されていません

オフィスビル以外の物件はこちら

ページ上部に戻る

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。
オフィス・店舗・倉庫の賃貸仲介から不動産の売却や購入、不動産管理まで。
福岡の不動産はオフィスネットワークにおまかせください。

☎ 092-452-5111 【受付時間】平日 9:00~18:00

不動産に関して今すぐ相談する