福岡経済トピックスでは福岡経済に関する耳よりな情報を事業用不動産のエキスパートの目線からお届けします。

福岡の貸事務所・オフィスの賃貸ならオフィスネットワーク

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合せ 092-452-5111



HOME > 貸事務所検索 トップ > 福岡経済トピックス

福岡経済トピックス

福岡の経済に関する耳より情報や福岡で事務所移転・新規開設に役立つ情報を事業不動産のエキスパート「オフィスネットワーク」がお届けします。

2018年

博多駅南側に新バスターミナル 2018年8月完成予定 (1月19日)

博多駅から約200m南にある福岡市営駐車場跡地に都市再生機構(UR)が新たなバス乗降場、URの賃貸住宅、商業施設を含む複合ビルを建設する。これまで駅周辺の路上に設けていた各種バスの乗降拠点を新ビルに集約し、博多駅周辺の交通結節機能の強化 ………続きを読む


2017年

大名小跡地に続き、博多港・明治通りも高さ制限緩和へ (10月27日)

福岡市は、中央区天神の明治通り地区(約17ha)と、博多港がある博多区のウォーターフロント地区(約38ha)について、航空法による高さ制限が緩和されたことを発表。新たな高さの上限は「明治通り地区」は明治通りと交差する渡辺通りを境に東側が76 ………続きを読む

九州FGが博多に拠点ビル建設へ 2019年10月着工 (9月27日)

九州フィナンシャルグループ(本社:熊本市、本店:鹿児島市)は、福岡市博多区博多駅前に新拠点を建設する事を発表。 福岡での営業、情報収集、発信機能の強化を図り、「福岡」での営業攻勢を本格化する。九州FGは肥後銀行(熊本市)と鹿児島銀行(鹿 ………続きを読む

旧大名小跡地が高さ制限緩和・西鉄が隣接地を取得 (8月25日)

2017(平成29)年7月、福岡市中央区大名の旧大名小学校跡地(約12,000㎡)について、国家戦略特区の特例として建築物の高さ制限が緩和された。 福岡市が進める再開発事業「天神ビッグバン」の重要プロジェクトの一つが「旧大名小学校跡地まちづくり」。 ………続きを読む

博多駅東の新築オフィスビル「GSI博多駅東ビル」 (7月28日)

2018年2月、博多駅東エリアに新築オフィスビル竣工予定!・OAフロア・LED照明・ICカードセキュリティ・ハイルーフ対応駐車場【事務所】21.61坪~46.37坪、募集面積約414.11坪 【店舗】20.08坪………続きを読む

新築省エネビル「JS博多渡辺ビル」2018年竣工予定 (6月27日)

2018年2月竣工予定で、福岡市博多区住吉に現在建設中のオフィスビル「JS博多渡辺ビル」。 一般的な建物と比較し、エネルギー削減量が50%以上の建物への認証である「ZEB Ready」をテナントオフィスビルとして国内で初めて取得した。 「ZEB」とは「………続きを読む

博多都ホテル建替「近鉄博多ビル(仮称)」 (5月19日)

JR博多駅前、筑紫口の「博多都ホテル」跡地の建替計画の概要が発表された。近鉄不動産と近鉄・都ホテルズは、福岡市博多区のJR博多駅の筑紫口前に「近鉄博多ビル(仮称)」を建設すると発表。「近鉄博多ビル(仮称)」は地上13階、地下3階建て。 地上3………続きを読む

プラリバ跡地の再開発「西新プロジェクト(仮称)」 (3月24日)

福岡市早良区西新の「西新エルモールプラリバ」跡地の再開発計画の概要が発表された。東京建物株式会社は所有する「西新エルモールプラリバ」の跡地について開発計画の概要を発表した。 プラリバは築30年以上がたち建物が老朽化。2011年から建替を検………続きを読む

天神ビッグバン始動!「天神ビジネスセンター」2020年度完成予定 (2月24日)

福岡市中心部天神エリアのの再開発事業「天神ビッグバン」が2017年度に本格始動する。天神ビッグバンとは・・・・福岡市が2014年に国家戦略特区に指定され航空法の高さ制限の特例承認を受け、ビルの容積率緩和などの施策によるビルの建て替えなど、………続きを読む

ホークスタウン跡地に商業施設「マークイズ」開発 (1月20日)

三菱地所は、2016年3月に閉店した「ホークスタウンモール」(福岡市中央区)の跡地に商業施設と分譲タワーマンション2棟を建設する複合再開発を発表。 「ホークスタウンモール」はヤフオクドームに隣接しており、ダイエーグループによって………続きを読む


2016年

JR九州 キャナルシティ前に複合ビル建設へ (12月9日)

JR九州は、2016年5月に購入した博多駅前2丁目の土地に複合ビルの建設を計画している。当地は当初、LINE株式会社が2013年に自社ビル用地として取得するも、建設関連費の高騰を理由に建設を断念し、 2016年にJR九州に売却していた。………続きを読む

2016年基準地価発表 福岡市の地価4年連続上昇 (10月28日)

福岡県が9月20日に発表した基準地価(2016年7月1日現在)、福岡市内で商業地は7.3%、住宅地は2.9%の平均変動率で4年連続上昇。(昨年:商業地4.8%、住宅地2.1%) 福岡県全体では商業地が24年ぶりに上昇。市内の商業地は7.3%の上昇(昨年:4.8%)………続きを読む

博多区役所移転 建物は2021年度までに建替 (7月1日)

福岡市は、1971年に完成し、築45年が経過する博多区役所(博多駅前2丁目)を2021年度末までに建替・移転する事を明らかにした。博多区役所がある11階建ての建物は福岡市とUR(都市再生機構)が共同で建設。 地下1階~地上3階に博多区役所、4階~11階は賃………続きを読む

加速する天神再開発 西鉄が毎日福岡会館を取得 (6月13日)

西鉄(西日本鉄道株式会社)は毎日新聞社と福岡市中央区天神の「毎日福岡会館」と東京都中央区日本橋の「西鉄日本橋ビル」を交換(全権利を互いに譲渡)することを発表した。 「毎日福岡会館」は明治通り、那珂川沿いに面し、天神・中洲の中間に位置す………続きを読む

LINE 博多駅前自社ビル建設予定地をJR九州に売却 (5月30日)

LINE株式会社は福岡市博多区博多駅前に予定していた新社屋建設の予定地をJR九州(九州旅客鉄道株式会社)に売却すると発表した。 LINEは2013年に、関連サービスの運営や開発を担う子会社「LINE Fukuoka」を設立。同年にJR博多駅、キャナ………続きを読む

博多港中央ふ頭の機能再編 商業施設で集客機能強化 (3月10日)

福岡市は、近年の博多港へのクルーズ船寄港の増加に対して 博多区・中央ふ頭を集客施設を整備するなどし、機能再編を計画している。 中央ふ頭の西側を拡張し、大型クルーズ船を2隻接岸可能にする事業に併せて 商業施設や空中歩道などを検討しており、………続きを読む

福岡市の人口 神戸市抜いて全国5位に (2月29日)

2015年の国勢調査の結果(2015年10月1日現在)が発表され、 福岡市の人口が153万8,510人となり、神戸市(153万7,860人)を抜いて政令指定都市で5番目に人口の多い都市となりました。 人口1位から4位は横浜市、大阪市、名古屋市、札幌市の順。………続きを読む


2015年

福岡空港への都市高延伸はトンネル方式へ (11月27日)

福岡市は、福岡空港までの福岡都市高速延伸が発表していましたが、延伸案3案の内、トンネル案を採用する方針を固めました。福岡空港の2014年度の年間発着回数は17.1万回で、羽田、成田に次いで国内で3番目の空港。さらに今後も重要増が見込まれる。福岡空港は市内中心………続きを読む

福岡市地価3年連続上昇 ホテル需要が高まる (9月29日)

福岡県が9月16日に発表した基準地価(2015年7月1日現在)、商業地は4.8%、住宅地は2.1%の平均変動率で3年連続上昇。 商業地は博多駅周辺、天神など引き続き都心部が上昇した。なかでも博多駅前4丁目の代々木ゼミナール福岡校の所在地では基準地価155万円とない19………続きを読む

福岡空港までの都市高速延伸 福岡市が3案を発表 (9月24日)

2015年3月に福岡市は、福岡空港周辺の混雑緩和などを図るため、福岡都市高速道路を延伸し空港に直結させることを発表していたが、 9月16日、福岡市議会で福岡都市高速3号線(空港線)の延伸ルート3案を提示。計画では空港線を空港通ランプから国内線ターミナルまで2~………続きを読む

博多港へのクルーズ船急増 観光客も倍増 (9月18日)

近年、博多港に寄港するクルーズ船が急増している。福岡市は2015年の寄港回数を約280回と見込んでおり、過去最高だった昨年の115回をはるかに超える。クルーズ船での観光客数も、倍増の計約50万人。 2016年の寄港回数は400回になることも明らかにしている。この内の9………続きを読む

アジアの玄関口「福岡空港」が2019年度民営化へ (8月31日)

国土交通省は8月27日、2019年度を目処に、現在国が管理している福岡空港の運営を民営化(民間委託)する方針を発表した。 空港の民営化は、民間資金の活用により公費の負担を軽減し、空港周辺地域の経済成長を促すのが狙い。 2017年度の民営化を見込んでいたが、運営権………続きを読む

ANAクラウンプラザホテル福岡を星野リゾートが買収 (7月31日)

星野リゾートは7月28日、福岡、広島、金沢、富山の「ANAクラウンプラザホテル」を買収すると発表。取得額は約400億円。 星野リゾートは2015年に創業101年を迎える総合リゾート運営会社。全国各地で運営中の施設は35ヶ所。主に経営難に陥った旅館やリゾート施設を、星野………続きを読む

福岡市内の青果市場移転! 跡地は公募売却の予定 (6月30日)

福岡市内に3ヶ所ある「青果部市場」。博多区那珂の「青果市場」、東区下原の「東部市場」、西区石丸「西部市場」。現在、3ヶ所に点在、那珂の青果市場に一極集中が進み、西部・東部の機能が低下していました。さらには「青果市場」は開設されたのが1968年であり、施設の老………続きを読む

博多駅筑紫口の「博多都ホテル」が建替を検討 (5月26日)

JR博多駅筑紫口を出て、目に飛び込んでくるのは、開業43年を迎える「博多都ホテル」。博多駅筑紫口というビジネスエリアの一等地で大型ビジョンがあるため、宿泊をしたことはないが目にした事がある方も多いのではないでしょうか。 長年、筑紫口エリアのランドマークとして………続きを読む

福岡市と西鉄が福岡市中心部に「循環BRT」を導入へ (4月30日)

福岡市内の交通事情と言えば、日本最大級の保有台数を誇る西鉄バスが一つの特徴であるが、 昨今、中心部の交通渋滞は福岡市の解決すべき問題の一つして度々議題にあがる。4月16日福岡市と西日本鉄道は「天神エリア」・「博多駅エリア」・「ウォーターフロントエリア(博多港………続きを読む

データで見る福岡 Vol.2 【福岡市の地価動向】 (3月12日)

2008年のリーマンショック以降、公示地価は下落を続けていました。福岡の公示価格は平成20年~25年まで減少を続け、商業地は平米単価723,800円から514,600円の約29%減、住宅地は平米単価120,900円から112,600円の約7%減となっていました。 しかし、H26年度からは前年よ………続きを読む

データで見る福岡 Vol.1 【福岡市の統計情報】 (3月2日)

福岡市は、九州地方において最大の人口規模を有する都市です。2013年5月1日、福岡市の推計人口が150万人を超えました。2010年以降、政令市の中では人口の増加率と増加数が共に最大。 2034年のピーク時には約160万人を超える見通しです。多くの官公庁の行政機関や全国企………続きを読む

事務所借りるなら今がチャンス!
2015年内の事務所移転・開設をオススメする理由
 (2月23日)

「グローバル創業・雇用創出特区」に指定され、さらなる発展が見込まれる福岡。 福岡市内のオフィスビルの空室率は減少傾向を続けており、まだこの傾向は続くと思われます。 そんな状況下の2015年、年内の事務所移転・新規開設をオススメする理由を解説します。………続きを読む

西新プラリバが再開発! 閉店し高層ビルに建替予定。 (1月29日)

福岡市早良区西新の商業施設「西新エルモールプラリバ」を東京建物が高層の複合商業ビルに建て替える事が分かった。 下層階部分は商業施設、上層階部分は分譲マンションにする予定。「プラリバ」は今年7月末に閉店を予定しており、30階建ての高層ビルにする案が有力。 再………続きを読む


2014年

九大六本松キャンパス跡地、JR九州が117億円で落札 (2月18日)

JR九州は独立行政法人UR(都市再生機構)から福岡市中央区六本松の九州大学旧六本松キャンパス跡地の一部21,000㎡を取得額117億円で落札。取得時期は3月上旬を予定している。 取得した国道202号沿いの地下鉄六本松前の土地は「青陵の街・六本松」とされ、約6.5ha………続きを読む

丸井出店予定地、博多郵便局跡地で起工式 (2月17日)

日本郵便が福岡市博多区の博多駅前にある博多郵便局跡地にて2016年春の開業を目指す再開発ビルの起工式を行った。起工式には関係者など約100人が出席し、工事の安全を祈願。 日本郵政グループは全国で不動産活用を進めているが、今回の再開発もその一環。九州での商業ビルの開発………続きを読む


2013年

ホークス2軍本拠地、筑後市に決定 (12月27日)

福岡ソフトバンクホークスがファーム本拠地の筑後市移転決定を発表。福岡県筑後市の九州新幹線「筑後船小屋」駅前の敷地面積約7ヘクタールの土地で2016年からの施設利用を目指す。球団は建設費用として約40~50億円を見込んでいる。球団は、今年8月に現在の2軍本拠地「雁ノ巣………続きを読む

九電、本店前の土地売却。再開発へ (12月16日)

九州電力グループが福岡市中央区に所有する渡辺通沿いの駐車場用地を、不動産開発のマルイトグループ(大阪市)に売却した。マルイトグループは「ホテルモントレ」のブランドで全国18カ所にホテルを展開し、福岡では中央区大名に「ホテルモントレ ラ・スール福岡」を運営中。他にもオ………続きを読む

丸井が九州初出店。博多郵便局跡地に出店へ (11月15日)

日本郵便が再開発する博多郵便局跡地の商業ビルに丸井が出店することが内定した。2016年春に開業予定。丸井にとって博多駅前への出店が九州初の店舗となる。丸井はこれまで、2009年に西通りへの出店を検討するなど福岡での出店を計画してきた。丸井グループの若島隆取締役は「福………続きを読む

JR九州、九大六本松キャンパス跡地への開発参画検討 (10月7日)

都市再生機構(以下UR)が所有する福岡市中央区の九州大学六本松キャンパス跡地における跡地利用開発への参画をJR九州が検討しているという。跡地は福岡都心部から近く、公園などの自然や文化教育施設が豊かで面積が約6.5haもある貴重な土地。平成21年3月にUR都市機構では「………続きを読む

福岡ソフトバンクホークスがファーム移転を予定 (8月7日)

プロ野球の福岡ソフトバンクホークスがファームの本拠地として20年以上使用してきた福岡市東区の「雁の巣球場」からの移転を検討している。新たにファームの本拠地球場などを整備するための用地を募集すると発表した。球団は2011年に3軍制を導入しており、2軍・3軍一体となった活動………続きを読む

九州経済連合会がシンガポールと提携 (7月20日)

九州経済連合会は7月19日、アジアでも有数の経済都市・シンガポールの経済団体であるシンガポールビジネス連盟と経済交流促進の覚書を締結した。今回の提携はアジアにおける物流や金融の拠点であるシンガポールとの関係性を強固にすることで、九州の企業のアジア進出への促進を行う目的………続きを読む

LINEが福岡に自社ビル建設へ (7月17日)

スマートフォンの無料通話・メールアプリを提供する「LINE」(本社:東京)は17日、福岡市博多区に自社保有の社屋を建設すると発表した。国内第二の拠点と位置付け、アジアを中心とした海外展開の足場にする。2015年末から16年初めの業務開始を予定している。LINEは九州から………続きを読む

福岡・佐賀への研究施設「ILC」の誘致活動が活発化 (6月28日)

高エネルギー状態を再現する次世代加速器の開発計画「国際リニアコライダー(ILC)」。ILCとは、長さ約30km~40kmの直線状のトンネル内に構築した加速器で電子と陽電子を高速に加速して衝突させ、宇宙初期(ビッグバン)に匹敵するほどの高エネルギー状態を再現することを目的………続きを読む

物件検索

エリアから探す

福岡経済トピックス

福岡ビジネスエリア情報

営業スタッフのご紹介
検討中リスト

0

物件は登録されていません

オフィスビル以外の物件はこちら

ページ上部に戻る

Copyright © 2008-2014 Office Network Co., Ltd. All Rights Reserved.