青果市場跡地再開発の民間公募に西鉄、JR九州が応募 - 福岡経済トピックス

福岡の貸事務所・オフィスの賃貸ならオフィスネットワーク

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合せ 092-452-5111



HOME > 貸事務所検索 トップ > 福岡経済トピックス > 青果市場跡地再開発の民間公募に西鉄、JR九州が応募

福岡経済トピックス一覧へ

青果市場跡地再開発の民間公募に西鉄、JR九州が応募

2018年5月31日 



福岡市が募集していた青果市場跡地(約8.8ヘクタール)の再開発事業者に、西日本鉄道とJR九州が応募した事が明らかになった。
西鉄は、他社との連合での参加を表明しており、福岡空港と連携し、「西鉄バス」による交通アクセスを強みとしている。 JR九州は、単独での参加予定で「JR竹下駅」周辺の沿線開発の一部と位置づけ、活性化を図るとしている。



【 福岡市博多区の青果市場跡地 】

福岡市博多区那珂の青果市場跡地は福岡空港から近く、国際線ターミナルから約3km(車で約9分)、国内線ターミナルから約5km(車で約12分)JR鹿児島本線「竹下駅」からは徒歩約2分の立地。 青果市場は1968年9月に業務を開始し、2016年2月にアイランドシティ(福岡市東区)へ移転、2015年度末をもって閉場していた。


青果市場跡地

※福岡市博多区の「青果市場跡地」(2018/5撮影)



【 青果市場跡地のまちづくり構想 】

福岡市は2017年9月に「青果市場跡地まちづくり構想」をまとめており、“地域の資源を活かし、健康でアクティブなライフスタイルを体現する”をコンセプトとしている。
市は、コンセプトを踏まえ、①福岡・九州の魅力を発信できる場、②子どもから高齢者まで生き生きと暮らせる場、③敷地規模を活かした緑あふれる市民に愛される場として フードマーケットや運動施設、メディカルモール、災害に対する支援拠点等の機能を誘導していくとしている。

最低売却価格を118億円としており、提案内容の審査後、2018年7月に事業者を決定する方針。再開発施設は2022年の開業を見込んでいる。


■青果市場跡地の概要

住所福岡市博多区那珂6丁目
面積約88,316㎡
・青果市場跡地:81,660㎡
・青果物流センター:4,717㎡
・駐車場跡地:1,939㎡
用途地域準工業地域
容積率 / 建ぺい率200% / 60%
所有者福岡市

■青果市場跡地の経緯

1968年(昭和43年)9月  青果市場(福岡市博多区那珂)の業務開始
1974年(昭和49年)6月  西部市場(福岡市西区石丸)の業務開始
1982年(昭和57年)7月  東部市場(福岡市東区下原)の業務開始
2016年(平成28年)2月  アイランドシティ(福岡市東区)へ統合移転<新青果市場>
2016年(平成28年)4月~7月  熊本地震被災地への支援物資拠点


※赤枠:青果市場跡地 青枠:青果物流センター 黄枠:駐車場跡地


オフィスネットワークはこう見る!!

青果市場跡地は博多区を南北に縦走する大通り「筑紫通り」に面しており、博多駅まで約3kmの距離。鉄道、バスで博多駅に直結し、都市高速ランプにも近い。 交通利便性が非常に高い地域にありながら約8.8ヘクタールというまとまった敷地面積である跡地の再開発は、福岡市南部の新たな顔となることは間違いない。

跡地周辺は住宅地を中心に、小売業、食品関係の工場が多いエリア。オフィスビルが少なく、事業所向け物件は倉庫付事務所が多いため、オフィス市況に関しては大きな影響はないと考えられるが、 この立地でしか実現できない開発によって市民にとって、より魅力ある「まち」になる事に期待したい。

前の記事

記事一覧

次の記事


貸事務所 物件検索

エリアから探す

非公開物件情報

福岡経済トピックス

福岡ビジネスエリア情報

営業スタッフのご紹介
検討中リスト

0

物件は登録されていません

オフィスビル以外の物件はこちら

ページ上部に戻る

Copyright © 2008-2019 Office Network Co., Ltd. All Rights Reserved.