百道エリア オフィス情報2018年版早良区エリア情報

百道エリアはオフィスビルの棟数は6棟と少ないが日立、パナソニック、IBM、富士通の自社ビルが建ち、福岡の二つの放送局の本社がある。周辺には、福岡タワーやマリゾン(ウォーターフロント施設)をはじめ、福岡 ヤフオク!ドームやヒルトンホテルなどの福岡を代表するメジャースポットがあり、領事館や博物館、隣接してマンション・戸建などの高級住宅が並んでいる。
また、福岡ヤフオク!ドームに隣接する商業施設跡地については、三菱地所による再開発が着工しており「MARK IS 福岡ももち」が2018年秋に開業予定。隣地にはタワーマンション2棟の開発も予定されおり、新たなランドマークとして期待されている。
ヒルトン福岡シーホーク・ヤフードーム
「ヒルトン福岡シーホーク・ヤフードーム」


オフィス相場概況

交通機関がバスに限られている為、イメージ的に不便という認識が多数を占め、需要は少ない。しかしながら、昨年から長期化していた空室も順調に改善されており、博多、天神エリアにおける空室の減少が本エリアを選択肢の一つとして押し上げた要因であると考えられ、坪単価10,000円前後で推移している。
ビルのグレードはかなり良く、航空制限の兼ね合いで博多区・中央区より高層のビルとなっているのがこのエリアだけということも福岡のビルの特徴のひとつでもある。先端技術の会社が集積しているエリアで、バスの便は多く、都市高速バスであれば博多から約25分程であるが、交通不便というマイナスイメージはいまだ払拭できていない。