博多スターレーン跡地の再開発 複合オフィスビル建設へ【博多コネクティッド関連】 - 福岡経済トピックス

福岡の貸事務所・オフィスの賃貸ならオフィスネットワーク

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合せ 092-452-5111



HOME > 貸事務所検索 トップ > 福岡経済トピックス > 博多スターレーン跡地の再開発 複合オフィスビル建設へ【博多コネクティッド関連】

福岡経済トピックス一覧へ

博多スターレーン跡地の再開発 複合オフィスビル建設へ
【博多コネクティッド関連】

2019年7月31日 



福岡市博多区の博多駅東一丁目敷地(旧博多スターレーン跡地)の再開発計画として2022年の開業を目指し、新たな複合オフィスビルを建設する「(仮称)博多駅東1丁目開発計画」が発表された。


再開発が決まった福岡市博多区「博多スターレーン」

※再開発が決まった福岡市博多区「博多スターレーン」(2019/7撮影)


2019年3月に営業を終了した「博多スターレーン」は1972年に開業。ボウリングレーンは84レーンあり、西日本最大規模を誇った。併設されていたイベントホールでは数々のプロレスの興行が行われ、 プロレスファンからも「西の聖地」として親しまれてきた。
現在は、2020年6月までの計画で解体工事が進んでいる。跡地の面積は約5,000㎡。
NTT都市開発株式会社と大成建設株式会社が共同で再開発を手掛ける。


解体が進む「博多スターレーン」

※解体が進む「博多スターレーン」(2019/7撮影)


博多スターレーンの跡地はJR博多駅より徒歩約4分、博多駅周辺エリアの再開発プロジェクト「博多コネクティッド」の対象エリア内の立地。
「博多コネクティッド」では、“周辺とのつながり・広がりが生まれる回遊空間の創出”や、“イベント利用など賑わいが生まれる魅力的な広場空間の創出”などを要件とし、 容積率緩和等により博多駅周辺の半径約500m内のビルの建替えを促す福岡市のプロジェクト。
新ビルにおいても「博多コネクティッド」の活用を目指し、今後福岡市と協議するとしている。



■「博多スターレーン跡地」を含む博多駅周辺エリアは2019年に再整備計画が発表された
関連記事:博多エリアの再開発「博多コネクティッド」始動(2019/2/28)



今回発表された「(仮称)博多駅東1丁目開発計画」では、跡地が福岡空港へのアクセスも良いことから、複合オフィスビルを予定しおり、低層部には賑わい空間・商業施設を備えるが、 旧博多スターレーンのようなボウリング場やイベントホールなどの娯楽施設は設けない方針。

「博多コネクティッド」の活用を明示した計画は他に無いため、同計画が第1号となる可能性が高い。 具体的な建設計画やその他詳細については今後、検討を重ねるとしている。


■計画概要

事業名称(仮称)博多駅東1丁目開発計画
所在地福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目18-33
竣工予定2022年(予定)
事業主 NTT都市開発株式会社・大成建設株式会社


紫枠: 「(仮称)博多駅東1丁目開発計画」(博多スターレーン跡地)


オフィスネットワークはこう見る!!

2011年のJR博多シティの開業後、駅周辺の再開発は着々と進んできたが、新規物件は「JRJP博多ビル」や「紙与博多中央ビル」、「HEARTSバスステーション博多(バスターミナル)」など、 博多口の話題が多かったが、今回の博多スターレーン跡地の再開発は筑紫口(博多駅東側)。建替え工事を行っていた「都ホテル博多」の開業も2019年9月に予定されており、筑紫口側の再開発も進んでいる。 さらに、“筑紫口駅前広場の再整備の検討”や“筑紫口エリアの賑わい創出活動の充実”も「博多コネクティッド」には含まれている。

これまで新たなオフィスビルの誕生は博多口が中心であったが、今後、「博多コネクティッド」を軸に、筑紫口も含めた博多駅周辺が一体となった再開発が行われ、益々福岡のオフィスエリアとして発展していく事に期待したい。

前の記事

記事一覧

次の記事


貸事務所 物件検索

エリアから探す

非公開物件情報

福岡経済トピックス

福岡ビジネスエリア情報

営業スタッフのご紹介
検討中リスト

0

物件は登録されていません

オフィスビル以外の物件はこちら

ページ上部に戻る

Copyright © 2008-2019 Office Network Co., Ltd. All Rights Reserved.