2015年内の事務所移転・開設をオススメする理由 - 福岡経済トピックス

福岡の貸事務所・オフィスの賃貸ならオフィスネットワーク

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合せ 092-452-5111



HOME > 貸事務所検索 トップ > 福岡経済トピックス > 2015年内の事務所移転・開設をオススメする理由

福岡経済トピックス一覧へ

事務所借りるなら今がチャンス!
2015年内の事務所移転・開設をオススメする理由

2015年2月23日 



福岡市街

福岡天神エリア - 提供:福岡市 撮影者:Fumio Hashimoto

「グローバル創業・雇用創出特区」に指定され、さらなる発展が見込まれる福岡。 福岡市内のオフィスビルの空室率は減少傾向を続けており、まだこの傾向は続くと思われます。 そんな状況下の2015年、年内の事務所移転・新規開設をオススメする理由を解説します。

※空室率とは・・・ エリア内のオフィスビルに対して、空室のある割合。



【理由その1】下がり続ける福岡の空室率

2015年2月現在、福岡市内のオフィスビルの空室率は減少を続けています。(※下記グラフ参照) 2013(平成24)年春頃を境に各エリアの空室率は減少し、2014年1月と2015年1月の募集面積を比較した場合、一年で約19%も減少しています。 2015年に新たに竣工予定の新築物件はわずか1棟しかなく、今後も空室率の減少傾向は続くとみられ、福岡で良い物件を探すなら選択肢がなくなる前の今がオススメといえます。

■福岡の主要なビジネスエリアの空室率


2014年1月

81,795坪

(空室率:9.66% 物件数:1120件)

2015年1月

66,467坪

(空室率:7.69% 物件数:1139件)

募集面積は一年で

19%減


※福岡市博多区・中央区のオフィスビルの全面積・募集面積の総合計から算出(オフィスネットワーク調べ)

わずか1年で約15,000坪の空室が埋まっています。
良い物件を狙うためにも年内の移転・新規開設をおすすめします。




【理由その2】福岡の平均賃料相場は上昇傾向

空室率が減少し、需要が増えると賃料は上昇傾向に入ります。福岡市内の平均賃料は平成26年の春頃から徐々に上昇し各エリア、坪単価が1,000円から2,000円程度上昇しています。(※下記グラフ参照) さらに空室率の減少が続く今、賃料も引き続き上昇傾向が続くとみられ、さらに賃料相場が上がる前に事務所移転・新規開設する事をオススメします。

■福岡主要ビジネスエリア平均賃料相場


2014年1月

10,201円

(空室率:9.66% 物件数:1120件)

2015年1月

11,757円

(空室率:7.69% 物件数:1139件)

平均賃料は一年で

15%上昇


※福岡市博多区・中央区の募集中物件の賃料から算出(オフィスネットワーク調べ)

わずか1年で約15%も平均賃料が上昇しています。
お得な物件は早めに決まるため良い物件を狙うには年内の事務所移転・開設をおすすめします。




【まとめ】

空室率が下がれば賃料相場は上がります。
この傾向が続くと思われる今、早めの事務所移転・新規開設をオススメします! 福岡の貸事務所をお探しの方はこちら




前の記事

記事一覧

次の記事


物件検索

エリアをから探す

非公開物件情報

福岡経済トピックス

福岡ビジネスエリア情報

営業スタッフのご紹介
検討中リスト

0

物件は登録されていません

オフィスビル以外の物件はこちら

ページ上部に戻る

Copyright © 2008-2019 Office Network Co., Ltd. All Rights Reserved.